三十路、ネット婚活のマッチングサイトに挑戦!

ネットで相手を探すなんて、どうも気がひける・・・。
そう思っていたのだが、29歳の私は、婚活サイトのペアーズに無料の会員登録をした。
<<マッチングサイト婚活>>
気に入った相手とメッセージの交換などをするには、月数千円程度の有料会員になる必要がある。
だらだらとお金をかけて婚活をする気はまったくなかったので、よい相手が見つかれば有料会員になることにした。

ネットでの婚活の何がよかったかというと、自分が交際相手に何を求めているのか?ということを考えるきっかけになったことだ。
日頃出会うことのない人たちがネット上にはたくさん漂っている。
ネット上にはこんなにも出会いを求める人たちがいるのかと驚いた。
そんなたくさんの人たちの中から、私が残された時間の中で、会うべき人を選ぶためにはしっかりしたフィルターが必要になった。

サイトに会員登録をした私は、おそるおそる、適当に自己紹介文と相手への条件を入れてみた。
「とりあえず、食事から」
「年齢25歳〜70歳、既婚者以外ならok、学歴・年収不問・・・。」
ネット上に写真を載せるのはやはりまだ、抵抗があったので、写真は載せなかった。

するとまぁ、次の日にはたくさんの男性からのメールや足跡が残っていた。
いったいこんなにたくさんの相手の中からどうやって選べばいいのだ?
人生初めてモテる女性の苦しみ?のようなものを感じた。

それから、相手への条件を少しずつ狭めていった。
定職についていて、金銭感覚が近い人で、地味なタイプ・・・。

そして5人の男性に目星をつけた私は、有料会員に登録した。
そして、彼らとメールを交換するようになった。

今後の予定としては、この5人のうちの3人ほどと実際にあってみて、
うまく付き合っていけそうな方、1人と交際をしてみようと思っている。

どうなるかはまだよくわからないが、この5人は会社と自宅の往復を続けていた私の生活の中では絶対出会えなかった人たちだ。
インターネットよありがとう!とりあえず、今はそう言いたい。

豊中の病院で医療事務として働く私が見た看護師の人間模様

私は、豊中にある総合病院で医療事務員をしている女性です。
私の勤めている病院は総合病院というだけあって、たくさんの看護師さんたちがいます。
中でも、濃いキャラの人が目立ちます。
数人いますが、1人目はやはり癖の強い大御所。

どうしても局と言われてしまう存在ですよね。
この方が本当に意地悪で、若いナースを捕まえてはネチネチといびっています。
それは、事務員である私からみても顕著です。
まわりも辞めて欲しいなと思っているようですが、やっぱり企業だし人手不足なこともあってクビには出来ない様子です。

その大御所は少しだけおっとりとした人のことが気に入らないようで、ずっとついてまわってイビっています。
この人自体、仕事はないのでしょうか?

すると、その人の受け持ちの患者さんをほったらかしている様子。
それでも大御所だから誰も叱れないのです。困ったもんです。

もう1人は、お色気うっふんナースです。
少しでも素敵な患者さんが来ると、ぴったりとくっついてほぼ離れません。
彼女の行動力には尊敬すら感じます。
彼女のすごいところは、そこから師長の目を盗んで合コンを開きまくっているところ。
そこで男女のトラブルでもあればきっとお叱りもうけるだろうにと思うのですが、上手にこなしているようで、全く問題にはなっていないのです。

これには私もびっくりです。
ちなみにドクターにも気に入られているようで、個人的に食事にもいっている様子。

それでもやはりなぜか問題にはなっていません。
不思議なのですが、男性の扱いがうまいのでしょうね。羨ましい限りです。

最後にもう1人。
仕事の出来ない看護師です。
インフルエンザワクチンを冬に接種しなくてはならなかったのですが、出来ないナースさんの練習台として、その人に注射をうってもらうことになっていました。
しかしその人の手が震えていて、腕を出している私はとてもじゃないけど嫌になってしまいました。

こ、怖い。
ナースの資格を取るときって、何が基準なのでしょう?
出来たら注射くらいまともに打てるように訓練して欲しいかなと思いました。

来週、うちの病院に面接に来る看護師さんがいるのですが、新しい方はまともな看護師さんであってほしい・・・そう願っています。
⇒⇒⇒看護師求人豊中

母から聞いた正官庄を飲み始めてから体調が回復しました!

体調管理は個人の責任です。
ある程度体調管理はできないといけません。

それでも、人間だから体調不良になることもあります。
体調不良のときは休むに越したことはありません。

ただ、一人暮らしのときに体調不良で寝込むと、余計に辛いです。
見舞いに来てくれる家族や友だちがいればいいのですが、私の場合、両親は離れたところに住んでいるし、友だちもあまりいません。
普段はひとりだと気ままでいいのですが、何かあったときに不便です。
看病してくれる恋人がいればいいのですが、残念ながらそんな人はいません。

体調不良と言っても様々です。
ただの風邪ならまだしも、インフルエンザに罹患したときは最悪です。
インフルエンザのときはご飯を買いに行く気力もありませんでした。ましてや食欲もありませんでした。
病院に行くのも一苦労です。病院に着いたら待たされるし、さらに辛いです。
自宅で寝込んで毎回気づきます。もう絶対に体調を崩さないと。

しかし、すぐにまた体調不良になります。
元々身体が弱いのもあります。
もちろん、日頃からできることはしています。テレビや本で得た知識を駆使しているのです。

当たり前かもしれませんが、手洗いうがいは大切です。
たまにサボることはありますが、出来るだけ手洗いうがいは実践しています。
食生活も気をつける必要があります。偏食はあまりよくありません。
野菜も摂取する必要があります。正直私は野菜が嫌いですが、工夫はして食べています。

あとは、マスクの着用も効果的だと思います。
大勢の人の中では特にマスクは必要です。
体調管理を怠って、体調不良で苦しむのは自分です。出来るだけの体調管理はするほうが賢明です。

そして、体を元気にするには高麗人参が言いと母から聞き、早速こちらで購入することにしました。
⇒⇒⇒正官庄の錠剤タイプ※コチラから正規品<お買い得>購入できます
錠剤なので、ニガミもほとんどなく、とっても飲みやすくて買ってよかったと思います。
飲んでからは、体調もだいぶ落ち着いています。

やっぱり健康が一番です。健康あっての幸せだと思います。
日頃から体調管理には充分注意したいと思います。

千葉の病院でパート看護師として働きたいと思った出来事

1年に1度、会社から健康診断に行きなさいと指示があるので、今年も仕方なく健康診断に行ってきました。
実は、去年から体重が4キロも増えてしまっていたので、今年の健康診断は行くのがとても憂鬱でした。
それでも行くしかありません。
いつも健診を受けている、会社の最寄り駅のJR千葉駅にある、千葉病院に朝から向かいました。
大きな病院の中をあちこち歩きまわり、尿検査、採血、身長体重測定、心電図、バリウムを飲んでの胃透し・・・と、
指示の通り、順番に健診を済ませていきました。
1時間半くらいかかってようやく最後の「問診」のところにたどり着きました。
これが終わればやっと終了です!
朝から何も食べてないし、バリウムを飲んでるせいか何となくおなかも痛いし、あちこち回って疲れてしまってヨレヨレです。

この健診センターには診察室が5つあり、どの部屋から呼ばれるかはアナウンスで呼ばれるまではわかりません。
やれやれと思いながら、診察室の部屋の前で待ちます。

しばらく待って、やっと私の番が来て、「〇〇さん、3番の診察室にお入りください!」とアナウンスが流れました。
疲れもあって、トボトボと歩いてドアを開けて「お願いしま~す」とだらしなく声をかけながら、診察室に入ってびっくり!
問診をしてくださる医師の先生が、めちゃくちゃイケメンだったんです!
実は私は関ジャニ∞の錦戸亮くんの大大大FANなのですが、その先生はまさに錦戸くん似のジャニーズ系のお顔立ち!
一気にテンションが上がりました!

でもハッ!と我に返りました。
今から「問診」ということは、前をあけて胸を見せないといけません。
しかも去年から4キロも太ったこの醜いおなかも、見られてしまうということなのです。
あぁ!私のバカ!なんでこんなに太ってしまったのか!

大好きな錦戸くん似の先生にときめきながら、そしてそんなときに限ってこんな自分の姿を恨みながら「来年の健康診断までには絶対痩せよう!」と心に強く決めたのでした。(笑)
私は看護師免許を持っているので、この病院でパート看護師として働くのもアリかも・・・なんて思っちゃいました(笑)
【看護師求人パート千葉】

中途採用で正社員の事務員となることができました

大学卒業後、就職が決まっていなかった私はそのままフリーターとなりました。
当時、大田区の家賃6万8千円のアパートに一人暮らしをしており、アルバイト先は六本木だったのですが自転車で通っていました。
大学の終わりごろに始めたアルバイトをそのまま継続した形です。

内容は、Webコンテンツの校正や稼働チェックのような仕事で、私を含め10名程度が働いており、あとは正社員の方が働いていました。
実は、そうしたWebコンテンツをつくる仕事に憧れて始めたのですが、実際に働いてみて仕事の内容や作業は興味があったのですが、そこで働く業界人のような雰囲気の社員の方や、ガテン系のノリには合っていないような気がしていました。
実際、就職活動でもそうしたWeb制作系の仕事はことごとく落ちましたし、そうして落ち続けたことにより就活のモチベーションが下がり就活自体をストップしてしまったのてす。

周囲の友人たちは、そうした状況でもコツコツと就活を続け、希望の職種ではなくても働き始めたためすごいと思いました。
フリーター時代の収入ですが、月に11万~15万ほどでした。
時給が1,000円ほどですが夜勤はもう少し上乗せされるため、なるべく夜勤のシフトを増やしてもらいました。
思ったより稼げました。
しかし、夜勤のシフトの少ない月は10万ちょっとの収入で、あまりお金を使う方ではありませんが生活はきつくなりました。

そのため、収入の少ない月は日雇いのバイトを入れ食いつなぎました。
日雇いバイトでは工場の流れ作業を主に行いました。
一度、アダルトグッズの箱詰め作業があり、普段なかなか見ることもなく、その時は友人と日雇いバイトに行ったたま、ふざけながら作業をした思い出があります。

そうして、Webコンテンツのバイトと時々日雇いバイトをして生活を繋いでいましたが、1年が過ぎた頃から、フリーターをやめようと考え出しました。
理由は、やはり収入が不安定なことです。
風邪をひいたり、人手が足りている時期などはシフトが減り、収入も減るため、じわじわと貯金も減っていきましたし、生活も無駄遣いをせず節約する生活でした。
長くは続かないなと思っていたところで、体調を崩したことにより、フリーターを辞めようと決意しました。

その後は地元に帰り、いくつか職を転々としましたが、つい先日こちらのサイトから無事に中途採用で正社員の事務の仕事をしています。
⇒⇒⇒フリーターを何とか抜け出したい!※中途採用で正社員になる方法

今思えば、フリーターは楽しかったのでいい思い出です。

つくづく、ひとりで海外へ行く人はえらいな~と思います

切符
関東に住んでいるのですが、親戚は関西方面に多く住んでいます。
親戚に冠婚葬祭など何かがあると、新幹線に乗って行くことになります。
私は方向音痴というわけではありませんが、どこかに電車で行くようなときはいつも誰かの後ろからついていくタイプです。
チケットの購入なども自分ではほとんどしなくても家族の誰かがやってくれるので、ついついそういうらくちんな立場にぬくぬくとしています。

ところが、つい最近は冠婚葬祭の葬関係の出来事があって、関西に一人で行くことになりました。
いつもなら、家族の誰かのうしろからついて行って、駅に着くたびにチケットを手渡してもらって、ゲートを通り抜けてはまたチケットを手渡してという感じ。
今回は自分でちゃんとチケットの管理をしなくてはなりません。

購入の時点では夫がちゃんと買ってくれたので、めんどくさい購入についてはパスできました。
新幹線に乗って座席をちゃんと見つけて座って、やれやれと思っていると、自分でさっきのチケットはどこにあるかしらん。
車掌さんが来てから慌てないようにしなくっちゃと思って最初に入れていたお財布を点検すると、あらら不思議なことにチケットの姿はありません。
ひとりで、「や・や・や!なんたること」どこに消えちゃったんだろうと汗が出てきたのでした。

コートのポケットをさぐってみたり、バッグのポケットをチェックしたり、探すと出てこないという有名な定理が当てはまる事態に。
ふと見ると新幹線の中で読もうと思って持ってきた単行本があります。
「そ!そうだ!すぐに見せることができるようにと本にチケットを挟んだんだ!」とぼけ老人のように思い出したのでした。
ひとりで移動することに慣れていないということのたいへんさに、いつも世話を焼いてくれる家族に感謝を覚えました。

帰りは帰りで、新大阪駅だと思って降車したら大阪駅。つくづく、ひとりで海外へ行く人はえらいな~と思います。
でも帰りの新幹線はグリーンだったので、名古屋から乗ってきた芸能人を垣間見ることができたりしました。